患者の将来的な
心血管イベントリスクを
より正確に予測

高感度トロポニン I を活用することで、見かけ上健康でも、将来的に心血管イベントのリスクが高い患者をより正確に特定できます。

 

 

 

 

 

 

 

 


アボットの高感度トロポニン I (hsTnI)血液検査は、心臓発作、心不全、または心血管疾患(心血管死、MI、冠動脈再建、心不全、虚血性脳卒中など)のリスクが高い患者、または潜在的にリスクが高い患者の特定に役立ちます。この検査の結果を臨床所見および診断所見と組み合わせて使用することで、リスクの高い患者を優先的に治療し、好ましくない転帰のリスクを減らす治療計画を作成することができます 2、3

 

トロポニン I は心臓特異的であるため、他の臨床所見および診断所見と組み合わせることで、心血管イベントが発生する前に、より正確に患者のリスクを分類できます 1-3


現在、さまざまな心血管(CV)リスク予測モデルが使用できますが、これ以外に心臓特異的な検査はありません。CV リスク要因の存在を考慮する他のモデルは、以下のような課題の残る間接的方法と言えます。

  • 年齢と人種を重視していること
  • 特定の集団にのみ適用可能であること
  • CV 転帰の測定可能数が限られていること 4、5


高感度トロポニン I –
早期心血管リスク層別化モデル

アボットの hsTnI はトロポニンを検出できます。トロポニンは、低値であっても、心筋が損傷した場合に放出されます。hsTnI 血液検査の結果を使用することにより、無症候の個人における将来的な心血管イベントのリスクを、次の 3 つの分類のうちいずれかに、より正確に層別化できます 2、3

  Dial_Flat.png

臨床所見および診断所見と組み合わせることで、リスクの高い患者に対して適切な治療をより優先的に実施し、有害事象の予防につなげます。また、リスクの低い患者への不要な検査と治療を回避することができます。

この早期心血管リスク特定モデルを通じて、長期のライフスタイルが変化し、患者に心血管イベントが発生する前に標的治療を推奨できるようになります 7。これにより、患者が健康的な選択をして、自分の健康状態を管理するよう支援を行えます。

  

アボットの hsTnI 検査結果が
意味すること

アボットの hsTnI 検査から得られる結果は、
以下に示すリスク層別化の表に適用されます。

特定

Dial_Icon.png

心筋傷害の存在を示す心臓特異的検査の結果を使用してリスクを特定します。対応するトロポニン I の値に基づき、個人が該当するリスク分類(低/中/高)を評価します。検査結果を解釈した文書が一緒に提供される場合があります。

予測

Predict_Icon.png

従来のリスク要因やガイドライン主導のリスク管理に加え、hsTnI から得た情報を臨床的に評価します。臨床判断を行い、推奨される心血管予防ガイドラインに従って、患者のリスクレベルに基づいた適切な治療基準を見極めます。

対応

Act_Icon.png

心臓に特異的な新しい変数を活用して、より健康的な生活を選択し、自分の心臓の健康を増進する行動を患者に促します。

次のカットオフポイントを使用して、無症状の個人における心血管疾患のリスクを層別化することが可能です 2、3、6


Asymptomatic_Table-Rev1.jpg

将来の CV イベントをより正確に予測する心臓特異的なリスク評価

将来的な心血管イベントのリスク特定におけるトロポニン I の役割

この動画では、健康に見える人のトロポニン I の値を評価することで、将来的に心血管イベントのリスクが高い患者を、より正確に特定する方法を説明しています。

 

 
 
                 



 

トロポニンは心臓から直接得られるシグナル

 

 

 
                

 


アボットの hsTnI 心血管リスク層別化とその他の現行ツールとの比較

 

Framingham、SCORE、Lipid プロファイルなど、現在使用されているリスク層別化ツールは心臓特異的なツールではなく、年齢により過大な影響を受ける可能性があります。アボットの hsTnI リスク層別化血液検査は、心臓特異的なトロポニン I を含有しています。つまり、この検査を臨床所見および診断所見と組み合わせることで、より正確に患者のリスクを分類できます 6、8-11

Early_Detection_Icon.png


早期発見により、他の臨床所見および診断所見と併せて、より正確に将来の心血管イベントのリスクを評価できます。6

Greater_Accuracy_Icon.png


低リスク患者を高い確度で特定すれば、不要な検査、治療、副作用の可能性を回避できます 6

Potential_Icon.png


リスクのある患者を適切に分類し直すことで、増え続ける医療システムのコスト負担を削減できる可能性があります 6

Interference_icon.png


アボットの hsTnI は、ビオチン干渉の影響を受けません 12。 

hsTnI を使用すれば、健康に見える人であっても、将来の心血管イベントのリスクを
より正確に予測できます。その方法について詳細をご確認ください。

医師向けの参考資料をダウンロード

トロポニンのカスタマーエクスペリエンス

 

トロポニンは
心臓の健康を映す鏡か?

ドイツ、バート・ナウハイムの心臓センターに勤める心臓専門医の Christoph Liebetrau 教授と Till Keller 助教授がトロポニン I を使用した心疾患リスク層別化の重要性、および考えられる適応領域について話します。

 

詳細を読む 

  
Christoph_Image_295x300.jpg
 
 
 
 
 
 

 

Lets-Talk-Banner_1457x448.jpg
 
 

特定。予測。対応。

アボットの高感度トロポニン I という心臓に特異的な血液検査を患者の健康診断に追加しましょう。そして、人生を大きく変化させるお手伝いをしましょう。

詳細を見る 


Troponin_300x200.jpg

トロポニンの価値を理解する

AMI が疑われる患者の管理で高感度トロポニンがどのように役立つかについて詳しく説明します。 

トロポニンの詳細をさらに表示

Cardiac-Hero_300x200.jpg

心臓アッセイ

確信をもって心疾患の治療方針を決定できるように、包括的な心臓アッセイのメニューをご用意しています。

心臓ソリューションを見る

building-windows300x200.jpg

ナレッジセンターにアクセス

実験科学、各治療領域、およびアボットの各新技術についての最新情報。

ナレッジセンターにアクセス

参考
  1. Thygesen K, Alpert JS, Jaffe AS, et al. Third universal definition of myocardial infarction. Circulation. 2012;126(16):2020–35. doi.org/10.1161/CIR.0b013e31826e1058.
  2. ARCHITECT STAT High Sensitive Troponin-I [添付文書].Lake Bluff, IL: Abbott Laboratories; 2018.G97079R01.    
  3. Alinity i STAT Troponin-I [添付文書].Lake Bluff, IL: Abbott Laboratories; 2019.H05938R01.
  4. DeFilippis AP, Young R, Carrubba CJ et al. Ann Intern Med. 2015 Feb 17;162(4):266–75.
  5. Garg N, Muduli SK, Kapoor A, et al. Comparison of different cardiovascular risk score calculators for cardiovascular risk prediction and guideline recommended statin uses. Indian Heart J. 2017;69(4):458-63. doi:10.1016/j.ihj.2017.01.015.
  6. Sigurdardottir FD, Lyngbakken MN, Holmen OL, et al. Relative prognostic value of cardiac troponin I and C-reactive protein in the general population (from the Nord-Trøndelag Health [HUNT] Study). Am J Cardiol. 2018;121(8):949–55. doi.org/10.1016/j.amjcard.2018.01.004. 
  7. Piepoli MF, Hoes AW, Agewall S, et al. 2016 European Guidelines on cardiovascular disease prevention in clinical practice: The Sixth Joint Task Force of the European Society of Cardiology and Other Societies on Cardiovascular Disease Prevention in Clinical Practice (constituted by representatives of 10 societies and by invited experts) Developed with the special contribution of the European Association for Cardiovascular Prevention & Rehabilitation (EACPR). Eur Heart J. 2016;37(29):2315–81.

  1. Ford I, Shah ASV, Zhang R, et al. High-sensitivity cardiac troponin, statin therapy, and risk of coronary heart disease. J Am Coll Cardiol. 2016;68(25):2719–28. doi:10.1016/j.jacc.2016.10.020.
  2. Blankenberg S, Salomaa V, Makarova N, et al. Troponin I and cardiovascular risk prediction in the general population: the BiomarCaRE consortium. Eur Heart J. 2016;37(30):24–37. doi:10.1093/eurheartj/ehw172.
  3. Everett BM, Zeller T, Glynn RJ, Ridker PM, Blankenberg S. High-sensitivity cardiac troponin I and B-type natriuretic peptide as predictors of vascular events in primary prevention: impact of statin therapy. Circulation.2015;131(21):18–60. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.114.014522.
  4. Omland T, Lemos de, JA, Holmen OL et al. Impact of Sex on the Prognostic Value of High-Sensitivity Cardiac Troponin I in the General Population: The HUNT Study, Clin Chem. 2015 Apr;61(4):646–56.
  5. Trambas C, Lu Z, Yen T et al. Depletion of biotin using streptavidin-coated microparticles: a validated solution to the problem of biotin interference in streptavidin–biotin immunoassays. Ann Clin Biochem. 2017;55(2):216–26.

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

CORE LABORATORY ウェブサイトを終了しますか。

コンテンツは、CORELABORATORY.ABBOTTの管理下にはありません。

はい いいえ