logo Accelerator a3600

拡張性の高い構成可能なソリューション

ACCELERATOR a3600は、今日だけでなく将来のラボのニーズをも満たすパワーと柔軟性を備えたラボ全自動化システムです。 インフォマティクスおよびリーン原則とACCELERATOR a3600を組み合わせれば、一貫した予測可能なサンプル管理によって効率を最大化し、ミスの可能性を最小限に抑えることによって患者ケアを向上させることができます。

ACCELERATOR a3600のモジュール設計は、ラボに合わせてカスタマイズできます。 ACCELERATOR a3600はサードパーティ製分析装置とのオープンな接続性*を備えており、需要の変化に柔軟に対応します。

アボットのワークフロースペシャリストがお客様と緊密に協力してお客様の業務、ニーズ、目標を把握します。 アボットが使用する段階的なアプローチには、目標の識別と理解、プロセスおよびシステム設計、3D可視化、CAD生成、ソリューションの実現などが含まれます。

*個々のケースごとに、サードパーティベンダーとアボットがACCELERATOR a3600への接続について合意する必要があります。

 

システム仕様
ACCELERATOR a3600  
動作高度 海抜2000 m以下
動作温度範囲 16~30°C(60~86°F)
動作湿度 最大80%、30°C(86°F)時
過電圧 カテゴリー1
汚染 第2度
熱出力 平均熱出力(BTU単位)は最終システム構成とモジュールの数に基づいて計算されます。
専用無停電電源装置(UPS) 必須 – 担当のローカルプロジェクトチームがトラック設計に基づいてUPSの要件を提示します。
主電源周波数 50/60 Hz
主電源電圧変動 最大± 10%
主電源電圧 UPSありの単相構成 - 小規模システム: 230V~3680 VA
主電源電圧 UPSなしの単相構成 - 中規模システム: 230V~9200 VA
主電源電圧 UPSなしの三相構成 - 大規模システム: 400 V 3N~27600
圧縮空気の外部供給源(必須)

必要な流量は最終システム構成に基づいて計算されます。

圧縮空気は清浄で油分がなく、乾燥している必要があります。

圧縮空気の圧力範囲:7~9 bar
バーコードリーダー

レーザービーム式バーコードリーダー(1台以上)

クラス2レーザー装置
側視システム

入力/出力モジュール、バルク入力モジュール、ラック入力モジュールのバーコードリーダーの代わりとなるオプションシステム

サンプル管のタイプ(直径と高さ)の検出

栓の有無の検出

栓の色の検出

バーコードラベルの認識

自動化システムでサポートされているバーコード体系

Code 128

Code 39、チェックデジットあり/なし

Interleaved 2 0f 5、チェックデジットあり/なし

USS Codabar

メモ: チェックデジットを有効にした場合、チェックデジット設定が可能なすべてのバーコード体系(Code 39とInterleaved 2 of 5)に対してチェックデジットが有効になります。
分注機モジュールのラベルプリンターでサポートされているバーコード体系

 

Code 128:最大12キャラクター

Code 39:最大9キャラクター

Interleaved 2 0f 5:最大20キャラクター

USS Codabar:最大13キャラクター

メモ: 分注機モジュールのプリンターでCode 39およびInterleaved 2 0f 5のチェックデジットを有効にすることはできません。

電気機械安全性

自動化システムは以下の規格の要件に適合します。 

  • EN IEC UL 61010 – 1:2001

  • CAN/CSA-C22.2 No. 61010-1-04

  • EN IEC 61010-2-081:2001 + A1:2003

  • EN IEC 61010-2-101:2002

  • EN IEC 61010-2-051:2003

  • CAN/CSA C22.2 No. 61010 -1-04

  • CAN/CSA C22.2 No. 61010 -2-081-04

電磁両立性(EMC) 自動化システムは次の指令の関連する規定に準拠します。 指令2004/108/EC 
無線周波数トラッキング 自動化システムは米国連邦通信委員会(FCC)規則のパート15に準拠しており、次の2つの条件を前提として動作します。
  1. 本装置が有害な干渉を引き起こさないこと

  2. 本装置がどのような干渉を受けてもそれに耐えること(望ましくない動作を引き起こす可能性のある干渉も含む)

本装置に組み込まれたCANBUSアンテナ配線は、FCC規則のパート15(サブパートBおよびC)に準拠するため改良されています。 フェライトFair Rite 046117645 Bin H4がトランスポンダーケーブルに追加されました。
無線・通信端末機器(R&TTE) 本装置に取り付けられたRFIDアンテナシステムは、次の指令の必須要件とその他の関連する規定に準拠します。 指令1999/5/EC
接続可能なアボット分析装置 ARCHITECT  c16000
ARCHITECT c8000
ARCHITECT i 2000SR
CELL-DYN Sapphire
CELL-DYNスライドメーカー/染色装置
オープン接続性

一部の国ではサードパーティ製分析装置を接続できます。アボットが接続を提供する前に、該当するベンダーとの合意が必要です。

以下の試験法に接続できます。 

  • 凝固

  • 免疫測定法

  • 臨床化学

  • 血液学

  • HPLC

  • 免疫学

  • ESR

サードパーティ接続に関する具体的な情報については、アボットの営業担当者にお問い合わせください。
シーラーモジュールを使用してシーリング可能なプラスチック管のタイプ

 

PET(ポリエチレンテレフタラート)

PS(ポリスチレン)

PP(ポリプロピレン)

 

その他のシステム仕様については、アボットの営業担当者にお問い合わせください。

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

CORE LABORATORY ウェブサイトを終了しますか。

コンテンツは、CORELABORATORY.ABBOTTの管理下にはありません。

はい いいえ