免疫分析

あらゆる検査室が、信頼性が高く正確で厳密な免疫分析検査結果の要件を満たすため、高品質の検査メニューを必要としています。アボットのビオチン干渉を排除したアッセイを導入すれば、干渉による合併症を回避することができます。

1972 年から続く診断技術のイノベーション

1972 年にアボットは最初の肝炎検査薬を発売し、1985 年には世界初の FDA 承認 HIV 検査薬を発売しました。アボットの臨床検査診断科学に対するイノベーションとコミットメントによって、現代の診断薬事業の幕が開いたのです。40 年以上にわたり、高品質な診断薬を通じて人々の生活の改善に粘り強く専念するアボットの研究者は、今も感染症、心臓、腫瘍などさまざまな分野における革新的なシステムや検査の開発に取り組んでいます。

アボットの歴史について詳しく見る 

アボットのバリュー
プロポジション

お客様に目に見える形で
医療パフォーマンスの向上
を実感していただくため、
アボットは包括的な免疫分析を含む
個別化ソリューションをご提供しています。

 

診断パネル
がん
Oncology Icon.png

がんの強固な検査メニューは、肝臓、肺、および子宮がんと診断された患者様と向き合うラボと医師をサポートします。高度な腫瘍マーカーは、情報に基づく治療計画に役立つ精密かつ正確な結果を提供します。

がんアッセイについて詳細を見る

心臓
Cardiac Icon.png

包括的な心臓メニューは、心血管疾患の識別、予測、および管理に有用で、患者様の生活改善を支援し、心疾患治療の方針決定に確信をもたらします。


心臓アッセイについて詳細を見る 

感染症
Infectious Disease Icon.png

数十年におよぶウイルスの監視研究が、アボットの感染症ソリューションを強力に後押ししています。当社の幅広いアッセイメニューは、一連のケア全体にわたり、医師の確かな情報に基づくタイムリーな判断に役立ちます。


感染症アッセイについて詳細を見る

 

システム

Alinity_i_Thumbnail_300x300.png

 

Alinity はアボットの次世代システムです。ラボの主要な領域全体で、診断の簡素化と、より良好な患者転帰の促進につながる成果を容易に実現できるように設計されています。Alinity の導入により、個人、システム、情報の重要なやりとりが合理化されるため、ラボはもとより病院全体のパフォーマンスが格段に改善します。Alinity はトータルラボソリューションとして、統一性、柔軟性、作業生産性、そして信頼性をもたらすよう設計されています。

Alinity 

i1000sr_Plus_front_CC_.jpg

 

主力システムである ARCHITECT は、アボットのトータルソリューションの基本となるものです。シリーズに共通する特長および強化されたシステムとアッセイのダイナミクスが、ARCHITECT シリーズは妥協ない検査機器の統合を可能にします。ラボのあらゆるニーズに応えるプラットフォームを複数組み合わせた ARCHITECT は、共通の試薬、サンプルキャリア、ソフトウェアおよび機器用消耗品を使用しているため、最大限の使いやすさを実現しています。

ARCHITECT コアラボメニューの内容

ARCHITECT

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

CORE LABORATORY ウェブサイトを終了しますか。

コンテンツは、CORELABORATORY.ABBOTTの管理下にはありません。

はい いいえ