歴史と伝統

革新の歴史

ラボ診断科学への革新と献身に満ちた当社の歴史をご覧ください。

1972年

  • 当社初の肝炎検査を発表しました。
  • 酵素値を判定し血液成分を分析するABA-100血液化学分析装置を発表しました。

1974年

  • Auscellという肝炎の非放射線スクリーニング検査を発表しました。
  • 改良された肝炎検査であるAusria IIを発表しました。この検査により、病院や血液バンクでは初めて採血と同日中に血液を輸血に使用できるようになりました。

1978年

  • A型肝炎の診断用の市販製品を発表しました。

1979年

  • 新しい酵素免疫測定(EIA)技術を採用した自動免疫測定システムであるQuantum IIを発表しました。 Quantumにより、アボットでは肝炎製品ラインを放射線検査から酵素免疫測定へと転換することが可能になりました。

1981年

  • 治療薬モニタリングシステム(TDx)を発表しました。

1985年

  • 血中のHIVウイルスを特定する初の認定抗体検査がFDAの承認を受け、これは輸血用血液の安全性の確保に役立ちました。 これは当社の最大の業績の1つであり、それまで抑止不能とみなされていた脅威に対する初の重要な医学的勝利となりました。

1986年

  • 患者の来院中に医師が血液学的に洗練された免疫測定検査を実施できるよう、自己完結型の診断検査であるTestPackを開発しました。

1988年

  • 卓上型の免疫測定システムIMxを発表しました。

1991年

  • 前立腺特異抗原(PSA)のモニタリング用の自動検査を開発しました。

1992年

  • Sequoia Turner Corporationの買収により、アボットは血液学市場に参入しました。

1994年

  • IMxシステムとTDxシステムに採用されている免疫測定技術を組み合わせたAxSYMを発表しました。
  • 全世界で増加しつつあったHIVおよび肝炎の問題を検出し監視するための、Global Surveillance Program(グローバル監視プログラム)を発表しました。

1995年

  • 初の全自動高ボリューム血液スクリーニングプラットフォームであるABBOTT PRISMを開発しました。

1997年

  • HTLV-IとHTLV-IIの組み合わせ検査を開始しました。

1998年

  • 2つの臨床化学アナライザーAlcyonおよびAeroset、そして一連の自動アッセイであるDetermineシリーズを含む、多数の新システムを発表しました。 さらにInternational Murex Technologies Corp.の買収によって製品群を拡大し、マイクロタイターベースの免疫測定および微生物学製品を追加しました。

1999年

  • 臨床検査室向けに計画された分析装置シリーズの第1弾となるARCHITECT i2000を発表しました。

2001年

  • 癌、出生前疾患、その他の遺伝性疾患の評価および管理に不可欠な情報を得るための臨床検査室用製品を開発し販売していた、大手ゲノム診断企業Vysis, Incを買収しました。

2004年

  • Global Surveillance Program(グローバル監視プログラム)の一環として、まれなグループNウイルスを同定および特性化しました。これは全世界でもまだアボットを含む2箇所の機関でしか行われていません。

トップに戻る

2005年

  • 高ボリューム血液バンクスクリーニングプラットフォームであるABBOTT PRISMを米国で発売しました。
  • イギリスのダートフォード、アイルランドのスライゴとロングフォード、ドイツのヴィースバーデンを含む欧州の複数の施設において、製造能力を拡張しました。 新しい施設や拡張された施設により、アボットでは感染症、癌、甲状腺、心血管などの分野の診断検査に対して世界的に高まりつつある需要に応えることが可能になっています。
  • 自動の高ボリューム血液学装置CELL-DYN Sapphireを発表しました。

2006年

  • 自動化された中ボリュームアナライザーCELL-DYN RUBY血液学装置を発表しました。
  • ABBOTT PRISMシステムにおけるB型肝炎表面抗原検査が承認を受けました。
  • 臨床検査室およびそこに勤務する専門家達の役割を強化するため、複数年にわたる世界的プログラム「Labs Are Vital」を発表しました。 このLabs Are Vitalには、国際臨床化学連合を含む数多くの専門機関が同調しています。

2007年

  • ARCHITECT CORE-M(抗HBc IgM)アッセイが承認を受けました。
  • ARCHITECT c16000およびARCHITECT ci16200を発表し、当社の一流の免疫測定および臨床化学プラットフォームを高ボリュームの検査ニーズ向けに拡張しました。
  • ARCHITECT免疫測定アナライザーで使用する自動B型肝炎検査が承認を受けました。

2008年

  • ARCHITECT i1000SR免疫化学アナライザーを発表し、臨床検査室向けのARCHITECT診断装置システムファミリーを拡張しました。
  • ABBOTT PRISM装置で使用するHTLV-I/HTLV-II検査が承認を受けました。

トップに戻る

2009年

  • ARCHITECT NGALアッセイがCE(Conformite Europeene)マークを取得しました。
  • ABBOTT PRISM HIV O Plusアッセイが承認を受けました。
  • アボットはカリフォルニア大学サンフランシスコ校と提携して、UCSF-Abbott Viral Diagnostics and Discovery Centerを設立しました。この施設ではディープシーケンスおよび超高速病原菌同定の技術を利用して、新型のヒトウイルスの同定および特性化を行っています。

2010年

  • HIVウイルスを早期に検出するための、米国で初めて認可されたHIVコンボ検査ARCHITECT HIV Ag/Ab Comboアッセイが承認を受けました。
  • ARCHITECT HE4アッセイが認可を受けました。
  • ABBOTT PRISMシャーガス病検査が承認を受けました。
  • HIV診断が25周年を迎えました。

2011年

  • ARCHITECT 25-OHビタミンDアッセイが認可を受けました。

2012年

  • 検査室の情報を管理するための統合されたウェブベースのソフトウェアプラットフォーム、Onelabを発表しました。

2013年

  • 心臓発作の患者向けのARCHITECT STAT高感度トロポニンI(hsTnI)検査を発表しました。
  • 検査室が検査をより素早く処理しつつより多くのボリュームを扱うというニーズに対応できるよう、次世代の自動化ソリューションであるACCELERATOR a3600を全世界で発表しました。

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

CORE LABORATORY ウェブサイトを終了しますか。

コンテンツは、CORELABORATORY.ABBOTTの管理下にはありません。

はい いいえ