Architect c8000

Architect c8000 background image
Architect c8000 background image
Architect c8000 background image

中程度の検査量

高い生産性

一貫した STAT 所要時間。大搭載容量。キャリーオーバー ≦ 0.1 ppm - サンプル間およびチューブ間。

ARCHITECT c8000 生化学分析装置ではこれらの利点がすべて得られるため、初回結果が優れ、再測定の回数を抑えます。ARCHITECT c8000 では、迅速で信頼性の高い臨床検査結果が得られます。

ARCHITECT c8000 の最大処理能力は 1 時間あたり最大 1,200 検査です。ARCHITECT c8000 は搭載容量が 215 サンプル、35 の優先ポジションが特徴で、最大 121 の冷蔵試薬ポジションがあるほか、統合チップ技術(Na+、K+、Cl-)を使用しています。

体外診断への使用に限ります。

本機器を適切に使用するための警告、使用上の注意、および限界については、取扱説明書またはユーザーガイドを参照してください。
アカウントに登録またはログインして、アッセイ固有の使用目的と重要な安全情報が記載された添付文書を参照してください。
アッセイの中には、すべてのプラットフォームで利用できないものもあります。

システム仕様

説明
手法 光学的測定、電位差測定、比濁法
最大処理能力 1 時間あたり 1,200 検査
サンプルタイプ 血清、血漿、全血、尿、CSF
サンプル管

高さ:72~102 mm

直径:9.6~16.1 mm

サンプルカップ あり(デッドボリューム 50 µl)
サンプル容量 215
サンプルバーコードタイプ Code 39、Codabar、Interleaved 2 of 5、Code 128
サンプル結果の保存 50,000
サンプル量 1.5~35 µL、平均:7.2 µL
自動希釈 あり
サンプルプローブのキャリーオーバー

<1000 ppm WB - WB

≦ 0.1 ppm WB - 血清

試薬容量 冷蔵ポジション最大 121 + 特許取得済み ISE(Na+、K+、Cl-)
試薬タイプ

>97%液体、そのままで使用可能

機器上での試薬安定性

5~65 日、平均:38 日間

キャリブレーション頻度

1~60 日、平均:25 日間

サンプル、凝血塊、および気泡の検出 あり
試薬の圧力モニタリング なし
サンプル干渉測定 あり:溶血、黄疸、脂肪血症
システムコントロールセンター SCC 1 台:カラーのタッチスクリーンモニター、キーボード、マウスを装備
機器上のメンテナンス記録 あり
オンラインのエラーコードヘルプ あり
ホストインターフェイス 双方向、シリアル RS-232 インターフェイス、ホストクエリのオプションも利用可能
遠隔診断法 AbbottLink
寸法
(高さ × 幅 × 奥行)

48 インチ × 79 インチ × 49 インチ

121.9 × 200.6 × 124.5 cm

重量

1,425 lbs

646.4 kg

電力要件 AC180V~AC264V、47Hz~63Hz、20amp
必要な水分 正常運転時に 1 時間あたり脱イオン水 25 L
熱出力* 3400 BTU/時、ランニングモード
サンプルの架設 RSH + カロ―セル
*表示されている値は、システム処理モジュールおよびサンプルハンドラの[Running](ランニング)モードにおける一般的な出力を表します。代表システムとして ARCHITECT i2000SR を使用したシステムコントロールセンター(SCC)では、最大値は 1 時間あたり 389 BTU。値は内部試験にて得られたものです。データはアボットがファイルに保管しています。

資料

仕様書で ARCHITECT c8000 生化学分析装置についての詳細をご覧ください(PDF、118 KB)。



関連機器

統合的なアプローチ

アボットの診断検査は、コアラボ、分子、ポイントオブケア、迅速診断、輸血医学などの統合ソリューションから構成される充実したポートフォリオを提供します。

可能性を広げる

ARCHITECT c8000 を ARCHITECT i2000SR 免疫測定装置と統合することで、生化学検査と免疫測定の機能を単一のプラットフォームに統合し、使いやすさが向上します。

Expand your capabilities banner image
Expand your capabilities banner image
Expand your capabilities banner image

詳細を見る

Alinity システム

Alinity がどのようにテクノロジーを活用して、ラボの作業生産性と信頼性の再定義・改善で役立つかについて説明します。

ナレッジセンター

検査室のサイエンス、各治療領域、およびアボットの各新技術についての最新情報。

AlinIQ Always On

AlinIQ Always On サービスによる予期しないダウンタイムの回避が、検査室の業務効率と生産性向上の達成に役立つかをご覧ください。