炎症性疾患

生体の免疫系に属する細胞や組織は、病原体、細胞の損傷、刺激物質などによる炎症刺激を受けると活性化し、さまざまな炎症反応を引き起こします。炎症反応は、細胞や組織が損傷された最初の原因を排除する仕組みになっており、急性または慢性炎症反応に分類することができます。  

体外診断専用です。 

ラボの変革

アボットは、臨床化学検査および免疫測定法のメニューを幅広く提供し、ラボにおける炎症性疾患の検査をサポートしています。この例には、一般的な急性期反応物質の 1 つである CRP(C 反応性蛋白)や、関節リウマチにおいて検出される慢性炎症マーカーの 1 つ、RF(リウマチ因子)があります。

試験管の画像 
コアラボのメニュー

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

CORE LABORATORY ウェブサイトを終了しますか。

コンテンツは、CORELABORATORY.ABBOTTの管理下にはありません。

はい いいえ